キャリアと向き合う女性

女性のキャリア設計

結婚や出産を経験した後に再度働きはじめたいと希望する女性は多く、離職期間後も仕事を継続していくためにはキャリア設計が重要です。既婚女性の場合は、夫の海外への転職が契機で新たな土地へ移ることを余儀なくされたり、親族の介護などで辞職を迫られてしまうケースも多くあります。そのため、それぞれの離職期間を有効活用できるキャリア設計が重要なのです。具体的には、夫の海外転勤で会社を辞めて帰国後に再就職するような場合には、海外在住期間に語学力のスキルアップをはかり、帰国後の就職に役立てることが大切といえます。そのため、海外に滞在している間には、帰国後に役立つ資格に集中して学ぶのがポイントです。語学力という基本的な要素に加えて海外の現地の大学で学位を取得したり、渡航先でしか学ぶことが出来ない分野で専門資格を取得するのも、効果的なキャリアアップの方法です。また、出産で一時的に離職した女性の場合は、休職期間中に前職の技術的な要素を掘り下げてみたり、関連性のある分野の勉強をしはじめてみるのも大切になってきます。重要なポイントとしては、育児休暇中も絶えず前職で必要とされた特定のスキルを向上させることで、その分野の知識を集積していくことが重要です。そのため、育児期間が有意義なスキルアップのタイミングとなるように、有効活用することが望まれます。会社で職務に従事している間は、新たなスキル獲得の為の時間を捻出する事が難しくなることから、出産というタイミングを技術向上のために上手く活用する術が重要です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です